答えはあなたが知っている

最近、事務所に来られた女性のはなしです。
この方、大阪に来たばかり。
相談があって、司法書士事務所をインターネットで検索する日々だったそうです。
で、私の事務所を見つけたのですが、、、
この方、数ある司法書士事務所の中から私の事務所を選んだ方法が面白い。
なんと「オーリングテストで選んだ」というのです。
→オーリングテストの解説はこちら
簡単に説明すると、例えば薬を処方するとき
左手に薬を握り、右手親指と人差し指でワッカをつくる。
で、パートナーがワッカをつかみ、こじ開ける。
ワッカが開いてしまうと(力が抜ける)「この薬は合ってません。」
ワッカが閉じたままだと(力が抜けない)「この薬、あなたに合ってます!」

という判定になる診断方法。
ウソみたいな話ですが、これ医者が実際に薬を処方するときに使ってるんです。
『最初は遠いし、、、京田辺って分からないし、、、。』
なんて思っていらしたそうなんです。
しかし
あらゆる事務所をリストアップし、オーリングテストで繰り返し判定した結果、、、。
『でも、、、何度やってもここ(長谷川司法書士事務所)って出るんです。
周りの友達もココがいいって。。。
だから先生に決めました!』

って。。
不思議ですよね。。
この方、住むところとか、いろんな事もこの『オーリングテスト』で判定するんだそうです。
皆さんも迷ったら、オーリングテストしてみてはいかが?
あなたにベストの答えが見つかるかもです。見る