大阪司法書士会で講師をしました

12月3日金曜日、大阪の阿倍野ベルタという場所で大阪司法書士会阪南支部の研修講師をやってきました。鉛筆
阪南支部とは大阪市の住吉区、東住吉区、阿倍野区、住之江区に事務所を有する司法書士の支部なんですね。
師走の金曜日というせわしない時期にも関わらず、集まった先生は40名。
これは支部会員の3分の1に相当する人数だそうです。
近年まれにみる出席率の良さだそうで、年に一度の支部総会の参加者よりも多かったんだそうです。
私もこの関心の高さには驚きました。みんなの熱気に押され、私もつい熱くかたってしまい2時間半があっという間に過ぎていきました。
最後はへろへろに。。。たらーっ
大阪の同業者に講師としてわざわざ呼ばれたんですからね。
正直、相当気合い入れて準備して臨みました。
苦労の甲斐あって、研修後のアンケート結果をみると「司法書士人生でも記憶にないほどの名講義だった」とか、「私が今まで聞いた中で、1.2を争う内容の授業でした」など、絶賛してくれた方もいて。。。
私も感激しました。
こちらの真剣さはしっかり伝わっていたのですね。ラッキー
もう、今年が終わってもいい。
そう言えるくらい充実感がありました。
来年も頑張ろうっと!