死ぬっつーじゃないですか

全ての人に訪れ
全ての人に理不尽な
全てに人に嫌なイベント
だからこそ
「死ぬっつーじゃないですか」
と他人事みたいに軽く受け止めましょうよと。
人生の最終地点は「死」じゃないですよ。
それなのに「今際」を豊かに過ごしたいと思って、みんな「今」を貧しく生きてる
よく知らない自分の「絶好調」を目指すからストレスになる

笑いながら読んでいるうち、いつのまにか心が軽くなっている。
そんな本です。