気がついたら

スタッフの伊勢田です。
気がついたら、今年も2月も半分過ぎてしまいました。
今年のバレンタインデーは、子供がチョコを作るラブ
と、張り切っていたので、子供にお任せしていたら、
チョコレートが足りない悲しいと、言われました。
あわてて、スーパーに買いに走ったら、板チョコが売り切れびっくり
チョコレートの置いてあるはず棚が、やたらスッキリしています。
手作りする人が多かったのか? 板チョコだけがありませんでした。
「ココアを使って、チョコクッキーにしなさい。」と言っても
第2次反抗期の彼女には私の意見は聞き入れてもらえず、
「ローソンは?」の一言。
便乗している立場としては、素直にローソンに行くことに。
ぶつぶつと、コンビニに行ったのですが、
なんと、スーパーより安く板チョコを買うことが出来、
スキップしながら家に帰りました。
「買ってきたよ。よろしくね。」
と、手渡すと、
「お父さんの分減らしたらいけたから、
やっぱ、いらんかったわ。」
と言いました。
お父さん泣くよ悲しい
と思ったけれど、渡すときには、
子供も上手に
「少しでごめんね。」
と、渡していました。
小さいチョコレート一個でご機嫌なお父さんでした。