これからのコト

スタッフの酒井ですラッキー
あっという間に1月も終わりに近づいてしまいました汗
遅ればせながら本年もよろしくお願いいたしますおはな
元旦はおせちを食べて、床と背中をほとんど引っ付けた状態で身体を休めていました。
ぼんやりしていましたが、昨年から派遣切りなど辛い、憤りを感じるニュースが多く、何となく世の中が荒んでいくような危機感を肌で感じました。
環境の本など読むと、地球に残された資源は本当に残りわずか。
「環境に優しく 地球に優しく」というコトバをよく聞きますが、そんな生易しいコトバではおっつかないような気がしました。
人間より他の動物や植物の方がもっと昔から存在していて、人は地球の中では新参者。
もっと謙虚にならないとと思いました。
ただその飛び抜けた智力を合わせて、地球全体の利益を考えて行動すると何とかまだ間に合うのではないかと思います。
次の世代やその次の世代の人々に地球を引き継いでいくためにも、ほんのささいなことに“気付き”をもちたいです。
人を大事に モノを大事に
環境に優しいし、人にも優しいのが日本の美徳です。
おじいちゃん、おばあちゃんは知恵の宝庫。
祖父母、親から学んだことを生かして、世代を超えてタッグを組んだら最強です。
まだまだ日本も捨てたものではありません。
素敵な人は沢山います。 
オバマ大統領の就任演説を聴けたことは幸せでした。
新聞に全文が出ていたので、思わず切り抜いてしまいました。
評論家や偉いヒトたちが、演説について批評をしていました。
ただ、子供からお年寄り、色んな人種の人々にあれだけのパワーを与えることが出来ますか?と言いたいです。
少なくとも、何か世の中がいい方向に動くのではないかと希望が湧きました。
聴いている人たちのひたむきな目にも感動しました。
こんな歴史的な瞬間に立ち会えたことが本当に幸せでした。
アメリカはオバマ大統領のもと「グリーン・ニューディール政策」を打ち出して、政府と企業が凄まじい速さで動いています。
日本の企業も。
日本の政治だけは遅れないように、今この国にとって何をするのがベストなのか、日本が本当の意味で精神的に豊かで成熟した国になるように、
早く動き出して欲しいです。