昭和の名器 Yamaha B100Ⅲ(2)

というわけで、ヤマハB100Ⅲの音に全身に貫かれた私はこの機材がどうしても欲しくなり、夜な夜なネットオークションを徘徊する日々に。出品者は東京ばかりで「軽トラック借りて東名高速を走り、、、ん?その交通費だけで本体価格超えてしまうやないか!」と突っ込みを入れながら。。

そしてとうとう見つけました。

大阪は岸和田市にある中古楽器屋さんが出費していたのをみ見つけたのです!入札者0(笑)当然のごとく私が落札!

いよいよ引取に満面の笑みで車を岸和田に走らせました。店は2階にあると聞いていたのですが着くと店主はすでに1階に降ろしてくれていました。冷蔵庫ほどの躯体なので「こんなでかいの今時買うやつはどんなやつか」と思っておられたようで(笑)「あの~、、カフェとか経営されてるんですか?」と(^^;)『いやいや、ただのアマチュアベーシストです』と。

そんなこんなで、練習場所に搬入。運んだところで写真をパチリと撮ったのがこれです。この昭和感ただようルックス!(#^^#)さて、、、音出すのが楽しみです。